浮気(不倫)調査結果の伝え方

浮気(不倫)調査結果の伝えるときは感情に任せない事

浮気(不倫)調査結果を調査対象者の配偶者に話をしなければならない、といったような場面では、自らの感情を抑えきれずに相手の家に突撃してしまうようなことも多々あるのですが、感情にまかせて行動してしまうと、今度は逆に自分に不利になってしまうこともあります。下手をすれば暴力や脅迫などの刑法に関わる犯罪を犯してしまうことにもつながりかねないのです。浮気(不倫)調査の結果、判明した不貞行為に関しては、最終的には法律に則った解決をするしか方法はありませんので、自分だけ太陽するのではなく、法律のプロでもある弁護士などに相談をして対処してもらうべきでしょう。

しかし弁護士が介入した場合には、上手に対応はしてくれますが、ときには逆に泥沼状態になってしまうこともあるのです。なぜなら不貞行為というものは浮気(不倫)調査結果という報告と法律だけで解決できるものではないからです。そこには、夫婦関係の中の「人間の感情」が関わってくるからです。そのため、たとえ弁護士であってもこのような夫婦関係の問題について慣れていないような弁護士の場合にはたとえ法律の知識が豊富であっても、人間の感情をしっかりと把握しきれていない(理解できていない)といったような弁護士も存在しているのです。

そのため、そのような弁護士に間に入られると、お互いの意思疎通が逆に悪くなってしまう時があるのです。そのようなことから不貞行為を働いた配偶者と顔を合わせたくないからといって弁護士に完全に間に入ってもらって浮気(不倫)調査結果だけをもって、解決しようとすると無理があることがあります。そのため、たとえ顔を合わせたくない配偶者にあっても直接顔を合わせて、そのかわり弁護士などが立会いをすることによって、お互いに浮気(不倫)調査結果を基に冷静な気持ちで話し合いをすることができる可能性が出てくるのです。

弁護士を行う浮気(不倫)相手への浮気(不倫)調査結果の使い方としては内容証明郵便を使うことがあります。この内容証明郵便は自分が1度にどのような手紙を出したのかを郵便局(日本郵便)が公的に証明してくれる郵便になるため、一般的には意思表示や通知したものを消耗残して法的な効果を持たせるために使用するわけですが、不貞行為は相手に浮気(不倫)調査結果をこの内容証明郵便で出す場合には心理的なプレッシャーが加わることになります。

また、弁護士の名前の入った内容証明郵便というものは、その後に訴訟に発展することを予測させるもので、自分でも作成することができるのですが、そのような今後、法的な訴訟などを考えている場合には、やはり法律のプロである弁護士に依頼をした方が相手に与えるプレッシャーはより大きなものになるため浮気(不倫)調査結果の使い方としては効果が絶大なるのです。

また、上からな浮気(不倫)調査結果の使い方としては浮気(不倫)相手の自宅に弁護士を伴って訪問することも1つの手段でしょうこの場合は事前に郵便を送るのとは違って、相手の虚を突くことになるため、一気呵成に高額な慰謝料の支払いを承諾させることができる可能性もあるのです。ただし、いくら証拠を抑えていても、相手の性格次第では慰謝料の支払いに同意するか否かは変わってきますので、でき得れば事前の浮気(不倫)調査の段階で相手の人となりやバックボーンなども同時に調査をしておいた方が良いでしょう。