浮気(不倫)調査料金の目安

平均的な浮気(不倫)調査料金

探偵会社に浮気(不倫)調査依頼をする際の平均的な料金の目安ですが、一般的には1時間当たり1万円から2万円程度になるケースが多いでしょう。また、一日当たりの浮気(不倫)調査の時間は6時間から8時間までというのが平均的で制限時間を超えて浮気(不倫)調査は継続をしなければならないようなケースには延長料金を上乗せされることになります。

例えば、三日間の浮気(不倫)調査の場合には、単純計算で約20万円から50万円程度になり、その浮気(不倫)調査の料金には大きなばらつきがでてしまうのですが、この料金の内訳は、着手金、調査料金、諸経費などが主な内訳項目で、いずれかの項目が省かれて別途請求されることもあります。特に、諸経費については探偵会社によって大きく違ってくるため、事前に確認をしておくことが大切になります。

さらに緊急出動や夜中の浮気(不倫)調査などでは割増料金になることもあれば、情報を収集するために別途お金が必要な場合には、当然、別途料金がかかるケースもありますので、どのような調査をして、そしてどのような調査料金がかかるのかについては、探偵会社に浮気(不倫)調査依頼をする前にあらかじめ細かく確認しておくことが大切になるでしょう。

浮気(不倫)調査の費用をできる程度になるかは、浮気(不倫)調査依頼をした探偵会社の調査料金基準によって違ってきますが、探偵会社によってそれぞれ料金を変わると言うよりも、調査、それぞれの案件によって町村の内容やその調査手段が変わってきますので、そのようなことが調査料金に大きく影響すると考えてもらうのが正しい浮気(不倫)調査料金の理解で良いと思います。

例えば警戒心の強い配偶者に対しては下校中に調査員の顔や車などを覚えられることがないように調査員を増員したり調査のための自動車を増やすなど対策が必要になることもあり、このような場合には、人件費と自動車の料金に通常の料金に上乗せされることになります。また大きなビルに入居している企業に勤めているような配偶者の場合には退社のタイミングを狙って、貼り込むような場合には、そのビルの出入り口が複数存在することも多く、それぞれの出入り口を固めるために調査員の数を増員することが必要になるケースがあります。

そのため、探偵会社によって調査料金が変わるというよりは、調査内容や調査手段によって浮気(不倫)調査の料金が変わると考えておいた方が良いでしょう。