浮気(不倫)調査報告書内容とはどんなものかものか

Pocket
LINEで送る

浮気(不倫)調査報告項目

探偵事務所などに浮気(不倫)調査を依頼した際に調査をした後に提出される浮気(不倫)調査報告書の項目についてですが、まずは調査項目として「浮気(不倫)調査」と記載してやりさらに調査日時及び調査対象者である配偶者の氏名、住所、勤務先及びその調査目的として、例えば「依頼者の配偶者の不貞行為の確認のための調査」といった目的として、さらに調査内容として、調査対象者本人の不貞行為の事実の有無及び調査対象者の不貞の相手を氏名、住所などを確認といったようになっており、さらに具体的な調査日時と調査員が現場で具体的に調査をした内容は事細かに書かれています。

例えば、調査対象者の調査時間と行動がすべて分単位で報告されています。また、調査対象3服装や持っていったカバンなどまで調査報告書に記載されてありますこのように調査報告書には、調査対象は月の光を非常に詳しく書かれており、前述のように分単位で、調査対象者がどのような行動したのがというようなことが記載されてあり地図などで移動ルートや駐車場所などを提示をするとともに、撮影した写真も添付されていますので、誰でも、調査対象者の状況を簡単に理解できるようになっているのです。

また調査報告書を浮気(不倫)調査対象者の密会の様子がわかりやすいだけではなく、その場にいなければ分からないような浮気(不倫)相手との距離感や2人の様子などについても非常に細かく報告されていますので、浮気(不倫)相手との親密度や友程度の関係にまで至っているのかというようなこともほとんど推測することができるような報告書になっているのです。

また探偵の浮気(不倫)調査報告書には、調査対象者の行動記録と一緒に写真を添付しています。ここで大切なのが写真なのです。最近では動画のDVDの動画をを担っているような浮気(不倫)調査報告書もあります。どんなに行動記録をしっかりと記録されていても、写真や画像などが存在しないと明確な証拠にはならないのです。どんなに文字による行動記録をつけていたとしても、それだけだと、浮気(不倫)調査対象の相手からは「そのような事を勝手に探偵事務所の人間が書いていることだ」 などと反論されていしまう危険性があるからなのです。

また写真や画像があったとしても、それがはっきり映っていなかったり、写真の数が少なかったりする場合も問題になることがあります。例えば浮気(不倫)相手と一緒に歩いている写真があったとしても、その後にアパートやホテルに入る場面が肝心な写真や画像がないこともあり得るわけです。そのようになると浮気(不倫)の証拠としては弱いわけです。そのため浮気(不倫)調査報告書の写真は尾行をしている間の行動を継続的に撮影する必要