浮気(不倫)調査依頼の際の基礎知識

Pocket
LINEで送る

浮気(不倫)調査では本人を問い詰めない事

 

配偶者に発生した浮気(不倫)に対する懐疑が膨らんでいる中で、その疑念が徐々に確信に変わってきたとしたら、自らは悲しみや怒りなどといったような様々な感情が湧き上がってくるものです。そのような中でもできるだけ早期に行動に出る必要があるのでは、夫婦はそのような事態に陥ってしまうと、すぐにでも事実を知りたいと思うのは致し方ありませんが、ただその配偶者を問い詰めたり喧嘩をするようなこともあると思いますが、そのような状況では、そこで事実を語れるわけでもなく、嘘をつくこともあれば、アリバイ工作をしてはぐらかされてしまう可能性も高いのです。

そのような際には、まず、すべきこととしては直接的な不貞行為の証拠収集をする事を最優先でやらなければならないことなのです。当人に話をする前に、探偵会社や興信所などに調査依頼をすることがそのような際の対処方法の第一歩になるでしょう。ただし、探偵会社や興信所に活用するには、 1つ大きな問題があるのです。それは、このような関係会社や方針に利用するような事は日常的に利用するようなサービスではありませんので、どのように依頼をすれば分からない人が少なくありませんが、浮気(不倫)調査を依頼する上で知っておくべき知識について説明します。

まず浮気(不倫)調査を実施してくれる探偵会社や興信所の件ですが、浮気(不倫)調査の検査依頼を受けて他人の調査をすることが主な業務になります。そのため、その対象者を尾行したり、張り込みなどをはじめとして様々な調査をすることになります。 TVドラマなどでは探偵が警察の協力をして、事件解決をするようなストーリーも少なくありませんが、実は探偵は、警察のような捜査権がないただの民間人に過ぎませんので、探偵業法の範囲内でしか民間人としての調査活動を行うことができません。

また、探偵会社は開業するにあたって、その管轄の警察を通して公安委員会に届け出をしなければならないということが法律で定められていますので、全国におよそ6000社近く存在すると言われている探偵会社の中から自分に適切な探偵会社を選ぶ際にはそのような届け出をしているかどうかを、その信頼性を見定める上での重要なポイントになります。そのため、浮気(不倫)調査を依頼する際にチェックすべきポイントでもあるのです。

次に探偵会社や興信所を行う浮気(不倫)調査結果についてですが、例えば100回調査をして100回ともしっかりとした調査結果を出て来るわけではなく、調査が空振りで浮気(不倫)の証拠をつかむことができないこともあるということも知っておいた方が良いでしょう。よく、テレビドラマなどでは発生した事件を必ず解決に導くようなストーリーが放映されているため、探偵会社の探偵者をまるでスーパーマンのように何でも解決できると勘違いされている方も少なくありません。

しかし、実際の浮気(不倫)調査の場合には、その対象者の配偶者が動くかどうかのによってその調査結果は大きく変わってしまうことになりますのた。現場の状況によっても調査による証拠確保の難易度が変わるケースもあります。ただ浮気(不倫)調査に際しては、探偵会社はリスクを減少させるために細かな情報は聞き取りを実施しますので、探偵会社が浮気(不倫)調査を行うために必要な配偶者に関する幅広い情報を収集して探偵会社に情報提供することが探偵会社の浮気(不倫)調査をより確実なものにすることが可能になります。

浮気(不倫)調査の相談~調査完了の流れ

探偵会社に浮気(不倫)調査の依頼をする際の、 1連の流れの中で、まず初めにやらなければならないこととしてはどの探偵会社に依頼をするかを決めることです。自分の出演などで過去に探偵会社に依頼をした経験のある人がいれば、その人から紹介を受けたり、インターネットで調べてみたり、探偵会社のポスターや広告の看板のなどを見る中で依頼先を決めることになります。

現在ではインターネットが普及していますので、そのなかでもインターネットでまずは調べる方が良いでしょう。ただし、探偵会社に浮気(不倫)調査を依頼するにあたっては。少なからずコストがかかることになりますので横の探偵会社でも良いわけではありませんなる。また、探偵会社の調査能力や信頼性など実績などについても細かく調べておく必要がありますのでその辺の詳しい情報を確認できるインターネットで検索をかけるというもう一つの手でしょう。

また、インターネットで検索して依頼先は探偵会社を探す際に注意する点としては、自宅からあまり遠くない範囲で依頼を受ける探偵会社を検索ことが大切になります。なぜなら依頼をした後に打ち合わせなどで複数回その探偵会社の調査員と面会をしなければならないため、同じ都道府県が隣接する地域など、自分が訪問するのに便利な範囲で探すことが大切になります。

そして依頼する探偵会社を決めることができたときには、その探偵会社に連絡を入れることになりますとりあえず電話やメールなどで相談をした上で、その探偵会社の感触が自分に適切と判断できた場合には、後日面談をするための予約を入れることになるのですが、最初の面談の段階でその探偵会社の対応に問題があると感じた場合には必ずベスト候補の探偵がに連絡を入れて、自分が納得はできる探偵会社を選択をすることは非常に大切なポイントになってきます。

現在、初回の面談に関しては無料相談になる様な探偵会社がほとんどですが、弁護士の相談のように30分単位でコストがかかるような事はほとんどありません。このようにして面談の日程が決まったら、今度は面談に向けての準備をしなければならないのですが、これまで自分で収集した配偶者の分に関する証拠や情報などを確認してもらうためにそれらをまとめておく必要が出てきます。浮気(不倫)の証拠となるメール本文や携帯電話の通話履歴などのコピーをはじめとして、これまでの経緯などのまとめるなどして準備をしておきます。

また、この際には自分は今後何をしたいのか、ある程度考えておく必要があります。例えば離婚や慰謝料を普及したいのか、あるいは浮気(不倫)相手の確認をしておきたいなどの目的や要望などについてもまとめておけば面談の際に探偵会社側もあなたの要望について理解をしやすくなるでしょう。ただ、このような話は簡単に決めるわけにはいかないため、まだ目的が明確がない場合であっても探偵会社に浮気(不倫)調査を行っ依頼することは可能です。

そして次に実際に探偵会社に赴いてその探偵会社の調査員と面談を行うことになるわけですが、この面談に関しては、自分が直接探偵会社に赴いて面談をする場合と、自宅の近隣が探偵会社の調査員が主張してくれるような探偵会社もありますのであらかじめどちらが自分にとって便利なのかは考えてから要望をしておくと良いでしょう。この面談ではまずどのような事態であるかをその探偵会社の調査員に説明することになるわけです。

さらにその状況をあなたはどうしたいのか、などの探偵会社に対する要望なども伝えた上で探偵会社の調査員はそれらの情報を整理して調査のプランを組み立てて、見積もりを提示することになるわけです。そのような調査のプランや見積もりを提示されたときに即決をする必要はありません自分でじっくりと考えた上で依頼をするかどうかを決めることができます。

そのため、できれば複数の探偵会社で面談をして更に近くをした上ででも探偵会社に依頼ををするのかを決めることもできます。探偵会社から提示された調査プランや提案に納得をすれば、契約を締結することになり、そして契約を締結をすれば、いよいよ浮気(不倫)調査を開始という流れになります。

浮気(不倫)調査方法

探偵という言葉を聞いたときに、イメージされるのは、映画やドラマの世界であり、通常利用することがない1日になりますので、その実態はほとんど知らないんが多いでしょう。なかには、パン屋、牛乳などを手にして貼り込む姿を想像するようなこともあれば、インターネットのハッカーのようにパソコンでサーバーに侵入して情報を抜き取るようなイメージがあるかもしれないですが、浮気(不倫)などの調査の場合には、どのような調査を行うのでしょうか?

まず探偵会社に依頼される案件は非常に幅広い調査案件なのです。そのため、案件ごとにどのようにして調査をするのか変わってきてしまうのです。しかし、配偶者の行動や浮気(不倫)の有無について調査する場合には、メインとしては張り込み飛び込もうが基本的な調査方法になるのです。この張り込みとは、配偶者の職場や自宅の周囲などに待機をして、配偶者の行動をその場で待ち続けて、その行動を調査することになります。

最も理想的な操作方法としては、自動車を停車させてその中で潜んで調査する方法でしょう。この場合には、配偶者が滞在する施設の出入り口を見渡せる位置を探さなければいけません例えば郊外であれば、車の駐車はしやすいのですが、都市部の場合には、コインパーキングの子でなければ駐車ができないケースもありますので、そのようなときには、業界の隠語で言ういわゆる「立ちんぼ」をしなければいけません。

この「立ちんぼ」というものは、路上などに立ったままで張り込みをする、という方法になるのですが、この場合には周囲に自分の姿を晒すことになってしまうため、配偶者に怪しい人物がいると気づかれてしまう危険性があったり、また地元の人に通報されるような危険性もあります。そこで探偵はその場所に溶け込むようにすることができる服装をすることが大切なことになります。

例えば、オフィス街であれば、サラリーマン風のダークのある服装をして取り込んだり、また住宅街であれば地元の服装をして、コンビニエンスストアのレジ袋を手に持って張りこむといったような張り込みの方法するものです。また近場でカフェなどがある場合には、お店の中で怪しまれないように監視をするようなこともありますし、比較的長期にわたる調査をしなければならない案件や監視がしにくい場所などの場合には、近くのアパートや駐車場などを短期間契約でレンタルをして張り込みに使用する場合もあります。

探偵を行う調査方法の1つの柱となるものとして尾行があるのですがこのような尾行する場合には、あらかじめ配偶者は通常、どのような移動手段を使って移動しているかなどを10人から確認した上で、その移動手段に合わせる形で徒歩、自転車、バイクあるいは自動車などいずれかの方法で尾行を実施することになります。まず、徒歩による尾行の場合には、配偶者の人相だけでなく、その日の服装や髪型、持ち物および靴などを最初に見たときに頭に焼き付けておき、適度な距離をつけて徒歩で後をつけていくことになります。

あくまでも他人の振りをしなければならないため、配偶者に対して顔を向けるようなことはしないものの、視線は常に相手をとらえて、相手の動きに合わせて的確に追いかける必要があります。特に徒歩で移動するような場合には、交差点の信号などで話されてしまったり、あるいは交通機関を利用する際には追いつかないケースもありますので、状況に合わせて配偶者との距離を広げることもあれば、詰めることもあります。また電車などによる移動であれば発車寸前で乗り降りしても対応が可能なように、配偶者との距離を詰める必要が出てきますが、道端でタクシーに乗ってしまうような際には、その後にすぐに空いているタクシーが来ないケースが多いため、このような場合は一旦尾行中止といったことになります。

浮気(不倫)調査依頼者が注意すべき事依頼者が注意すべき事

探偵会社に浮気(不倫)調査の依頼をすれば、ひとまず安心できるかといえばそういうわけにもいかないのです。探偵会社による浮気(不倫)調査の結果が出るまでは、心の中では様々な葛藤があるものですが、さらに調書対象者である配偶者とは同じひとつ屋根の下に暮らしていますので、いろいろなことに気を使わなければならないことになります。

そのため浮気(不倫)調査中には、依頼者自身が気をつけるべきことがいくつかありますので、それらを説明しますので、それらについて注意を払う必要が出てきます。まず最初にに注意しなければならないコツとしては、探偵会社を選んだり、連絡をとったりした場合にその痕跡を動かさないことです。

例えば、インターネットで探偵会社を検索をした場合には、ブラウザに閲覧履歴が残ってしまいますので、配偶者が万が一その履歴を見つけた場合には警戒をして一時的に言い訳を浮気(不倫)を止めて様子を伺うという行動に出ることがあります。また、当然のことながらブラウザーにブックマークをしたりしても、それが見つかったりすれば問題にもなりますので、できれば、自宅のパソコンや自分のスマホなどは使わずに、インターネットでの調べ物は障害学生センターなどのような公共施設で開放されている端末を活用したり、あるいは漫画喫茶などで利用すると完璧にインターネットで検索したような事は隠すことが可能になります。

また、探偵会社との契約書などに関しては、自宅のどこに保管をしても発見される危険を伴うことになりますので、できれば古くからの友人や自分の実家など絶対安全な場所に契約書などは隠しておくと良いでしょう。さらに探偵会社が浮気(不倫)は調査中の依頼者の注意すべきこととしては、自分自身の態度や言動あるいは行動の変化を見せないということが大切な注意点となります。このような行動の変化などは配偶者に不信感も抱かせないようにいつも通り変わりなく生活をすることがポイントになります。

しかし、実際には浮気(不倫)調査を依頼してしまうといつも通りの態度をを保つことが案外難しいもので、悩みを抱えながら、どのような調査結果になるのか、といった不安を抱えながら待っているという自分の心の中を隠すためには、まるで役者になったような気持ちで臨む必要があるのです。

ただし、あまり意識しすぎてしまうと方向性を間違ってしまい、逆にいつもより優しく接してしまったり、言葉遣いが穏やかになってしまうなど、といったような行動を取ってしまい、逆に配偶者が不信感を抱くことにもなりかねませんので、出来る限りいつも通り変わらない生活を送ることが大切になります。

浮気(不倫)調査に使う機材や機器

探偵会社が浮気(不倫)の調査を行う中では調査員としての知識や経験を踏まえて、使用する機材なども浮気(不倫)調査に少なからず影響を与えることになります。そのため案件ごとにその状況を考慮して最適な機材や機器を準備することになります。浮気(不倫)調査の場合には張り込みとリコーという調査の結果、浮気(不倫)している現場を確認することになるわけですが、現場を押さえる証拠となる写真や映像を撮影するためには、主にビデオカメラや一眼レフのカメラなどを使うことになり、特にビデオカメラを活用するケースは少なくありません。

なぜならビデオカメラの場合には、一眼レフのカメラの写真などとは違って一連の配偶者の動きを撮影することが可能であるため決定的な瞬間を逃すことなく全てを動画として記録に残すことができるのです。そして浮気(不倫)調査5報告書の引き渡しではその映像についてはDVDなどに焼かれて渡されますし、あと静止画については、ビデオカメラで撮影した映像をキャプチャーした写真を渡すことになります。

これらは、ビデオカメラや一眼レフカメラなどの性能については、現在では市販のビデオカメラなどでも夜間に作成できる機能などがついていますので、24時間撮影可能であるため、配偶者の浮気(不倫)の現場で活用するためには申し分ない機能があるため、カメラを手に構えるのではなく、鞄の中に取り付けて配偶者が旬がつかないように撮影を行うようにします。

また、場所によっては張り込みが困難なケースがありますので監視用の小型カメラを設置することもあります。持ち込んだ自転車やバイクなどのリアボックスに小型のカメラを取り付けることもあります。また、配偶者によっては浮気(不倫)相手を自宅に呼んで不貞に及ぶケースもあるのですが、このような場合には、依頼者の同意を得た上で自宅内に隠しカメラを設置することになります。

この手のカメラは監視カメラや盗撮カメラと同じ種類のカメラでそのカメラは非常に小さいため、配偶者にもまず気づかれないため屋外ではなく、室内での設置になり、バッテリーではなく、コンセントからの電源供給ができる上に、大型のカメラを使用可能ですので、数日から1週間ほど連続して撮影する場合もあります。さらに探偵を使用する機材としては様々なものがありますが、例えば尾行中に追跡している配偶者からの逸してのメモを取ることができませんので記録するためのボイスレコーダーを活用することがあります。浮気(不倫)調査の報告書には、分単位で配偶者の行動について記載しますので、細かい記録が必要になります。そのため、 ICレコーダーのような俺修羅神が用いれば、目を逸して追尾することなく正確に調査記録をつけることが可能になります。